Home » インフォメーション » 詳細

インフォメーション

【活動報告】h23年度 助成事業終了報告

2012-04-02
助成金事業による見守り支援者研修は終了しました。

平成23年度の研修受講者数は、635名(前年222名)の方が参加されました。
受講された方は、町内会、自治会、民生委員の方で地域のお世話をされている方が殆どでした。
研修終了後のアンケート調査にて研修評価を集計したところ、「満足」が95%以上(地区平均)という評価となりました。 

この評価の要因として、見守り活動が普及し始めたことにより、活動の中で発生している問題・課題がこの研修を受講したことで解決の糸口になっていることが挙げられます。中でも支援の「同意がとれない(支援拒否)」という問題に対しては、活動体制を整えても解決には至らず、地域活動の妨げになる問題の一つになっていました。 また、孤立防止策の具体的な対策になる「地域サロン」ですが、ここ1年ぐらいから「利用者が増えない」、「利用率が減少傾向になった」など早急に対応を迫られている地域問題もありました。
 
このように、体制の整備は確立しても活動の妨げになる根本的な原因は、支援者と支援を受ける人との相互理解が得られているかどうかだと考えられます。
地域支援者として、必要な知識と対応能力が備わっていること、支援を受ける人にも見守り支援の必要性を理解してもらうことが今後の地域活動には必要なことです。

 
当協会は、このような時間とともに変化する問題・課題に取り組んだ研修会を開催し、地域活動に役立つ情報をこれからも発信してまいります。
 
 

 
 
 
平成24年3月29日
身上監護協会助成事業
実行委員会
 

 
 
 

インフォメーション
インフォメーション
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ページトップへ