Home » インフォメーション » 詳細

インフォメーション

【NEWS】認知症高齢者数、大幅な修正  【厚生労働省】

2013-01-20
厚生労働省の発表

認知症高齢者数及び認知症施策推進内容が発表さました。
発表された統計の中に平成24年度認知症高齢者数が、前回発表された推計値を大幅に上回り今後5年後の推計値は1.5倍近い数字となりました。

平成24年度
 認知症高齢者の居場所 平成24年(実数) 平成29年(推計)
在 宅 149万人 186万人
施設・居住系サービスあり入居者 156万人 187万人
合 計 305万人 373万人

平成24年度、日常生活自立度Ⅱ以上の認知症高齢者は305万人。
今後5年間に、68万人増加すると推計されており地域支援体制の整備が急がれています。
この数値は、介護認定者のみであり、日常生活自立度Ⅰまたは認定されていない認知症高齢者も存在することから、実際の認知症患者数は更に増え病気の早期発見の体制作りも喫緊の課題となります。 また、独居高齢者世帯数も500万世帯となった。

今年度より医療・介護の体制整備が強化される予定となっており、同時に日常生活面での身上監護支援体制も整えなければなりません。

【成年後見制度利用の推進】
平成25年度より、市民後見人の育成・支援組織体制を40市町村で行われる予定となっおり、将来的にすべての市区町村(約1700)での体制整備が予定されています。

インフォメーション
インフォメーション
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ページトップへ