Home » インフォメーション » 詳細

インフォメーション

【NEWS】平成22年度モデル事業のまとめ  【社会生活支援研修】

2011-04-11
平成22年度は、社会福祉振興助成事業として独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興機構より 3カ年計画にて研修事業をスタートした初年度でした。
関係機関、関係者のご協力により平成23年3月末にて第一期事業が無事終了いたしました。ここで改めてお礼を申し上げます。

この第一期のモデル研修事業は、身上監護士の学習内容を取入れ高齢者支援の基礎知識と問題解決の一例を取り入れた研修内容にて実施いたしました。

研修終了後のアンケート結果より共通の問題を抱えている団体が多く存在したことが実証され、それと共に受講者はその山積みされた問題に対する解決の糸口となったと回答していただきました。この受講者の声は研修の意義を認めていただいたとものと考えております。

この結果を踏まえ、今後更に高齢者が増加する中、地域活動(町会・自治会)のあり方や、支援の内容次第では地域格差が生じる恐れが大いにあること予測できます。 

「孤立」 ・「孤立死」、問題は地域住民の活動なくして対応は考えられません。 住民に一番近い団体(町会・自治会)関係者への支援知識の普及が問題解決へ結びつくものと思われます。

身近に相談・助言のできる支援者の存在は、地域住民に安心と安全を提供できる概念のもと今後更に、社会生活支援の重要性の理解を深め、弱者支援に、地域コミュニティに役立てていただきたいと考えています。

また、東日本大震災による被災者の方々の今後の支援においても、支援のできる人材が必要となってまいります。当協会では、後に備える準備を行うためにも社会生活支援のできる人材を育成いたします。 どうぞ皆様のご協力を今後ともよろしくお願い申し上げます。


平成23年4月11日
理事長  愛知 和男


インフォメーション
インフォメーション
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ページトップへ